文章分類 : [ 一般 ]     

山谷堀跡の道路を歩いていくと、突然、こんな構造物が・・・。
何でしょう?橋跡なんでしょうか。

その先、今度は橋の欄干が保存されていました。
地方橋、「ちほうばし」ではなく「ぢかたばし」と読むそうです。

その地方橋の親柱には、こんな碑文が書かれています。

本橋ハ帝都復興事業トシテ構築シタルモノナリ
一.起工 昭和四年四月
一.竣功 昭和四年八月
一.工費 貮萬四百圓
          東京市

いやあ、「東京市」という文字におもわず興奮してしまいました。

この先、地方新橋、紙洗橋、山谷堀橋、正法寺橋、吉野橋、聖天橋
と続きます。

山谷堀は、地方橋から下流側は緑道として整備されています。

こちらは紙洗橋の欄干。

緑道は更に続いています。

そして。歩くにつれて、だんだんとスカイツリーの姿が大きくなっていきます。

吉野通りを渡るとその先はその名も山谷堀公園という公園になります。
公園内には人工の水路が設けられ、水と緑の公園として整備されています。

公園内の広い通路、かつての堀をイメージして設けられたものでしょうか。

隅田川の西岸に沿って通る道路に架かっていた今戸橋の親柱、
なかなか立派な親柱です。

その先は隅田公園となりますが、
残念ながら、このときは平成中村座の仮設劇場の建物が建っていました

その建物の横を通って、隅田川の川岸へと向かうと、そこには水門がありました。
そこはちょうど、桜橋と言問橋の中間付近。

水門から見るスカイツリー、
ますます大きく見えるようになり、
付近にはスカイツリーをバックに写真を撮る方々も見かけました。


より大きな地図で 河川&暗渠ル­ートマップ(­隅田川水系) を表示

前編へ
河川・水系へのリンク  隅田川

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ

投稿者:リバーサイド | 2012.1.9 00:22:42
http://pub.ne.jp/sktk4a/
文章分類 : [ 一般 ]     

新年の一般参賀で、晴れやかな笑顔をお見せになった雅子さま。昨年のバッシングの影響が心配されたが、そのお姿からは今年にかける前向きな強い意志を感じ取ることができた。しかし、雅子さまを支える側近との間で、また新たな問題が生じているという。

雅子さまと小町恭士東宮大夫(65)との間に不協和音が生じているというのだ。東宮大夫とは、皇太子ご一家のお世話をする東宮職のトップという重職だが、昨年7月、約5年にわたり東宮大夫を務めていた野村一成氏(71)が勇退し、その後任として選任されたのが小町氏だった。

小町東宮大夫も野村氏の期待に応えるために、そして皇太子ご一家をお守りするために尽力してきたが、物議を醸す発言が目立った。

その最も顕著な例が、昨年9月、愛子さまの山中湖お泊まり校外学習へ雅子さまが同行されたことを巡っての対応だった。皇太子妃としての公務をされていない雅子さまが2泊3日で同行されたことは大きな波紋を呼んだ。

そして迎えた9月22日の東宮大夫定例会見・その直前に会見した羽毛田信吾宮内庁長官(69)も、雅子さまの同行について、

「通常の形でないことを心配している」

と発言していただけに、宮内庁担当記者たちは、雅子さまが同行された真意を聞こうと、小町東宮大夫に矢継ぎ早に質問を投げかけた。これに対して、小町東宮大夫は、「有意義な校外学習だったと思います。妃殿下は距離を置いて見守られました」と返答。

それに対して、記者からは、「震災から半年、国民が大増税を迎えようとしているその時期に、妃殿下は校外学習でホテルのインペリアルスイートに泊まられた。常識的には考えられない出費。“税金泥棒”と批判を受けられるかもしれません。それを許した皇太子殿下はどうお考えなのですか」

といった過激な質問まで飛び交った。これに困った小町東宮大夫は、「いまの状況が正常だと思っていない」と思わず本音を漏らしてしまったのだ。

昨年12月の誕生日に際するご感想で、雅子さまは、一連の愛子さまへのお付き添いについて、

<与えられた状況の中で唯一取れる可能性として続けてきたものでした。(中略)私が少し離れて付き添う形で、全行程一人で、お友達の皆さんととても楽しく参加できたことが、学校生活に戻っていく上での大きな自信と励みになったように感じております>

と綴られていた。

「それだけに雅子さまは、自分をサポートしてくれるはずの東宮大夫が、まさか自分の考えを否定するような発言をするとは考えてもいなかったと思います。その発言に失望され、小町東宮大夫に不信感を抱かれるようになり、関係はぎくしゃくしたままだそうです。小町東宮大夫は周囲に“大変だ”と漏らしているみたいですよ」(前出・宮内庁関係者)

※女性セブン2012年1月19・26日号http://news.livedoor.com/article/detail/6178903/

文章分類 : [ 一般 ]     
小沢被告公判 共謀共同正犯 「重大な役割」なら認定
公判のため東京地裁に入る小沢一郎民主党元代表(右)=10日午前、東京・霞が関(栗橋隆悦撮影)

 政治資金収支報告書の作成に直接かかわっていない小沢一郎被告が、元秘書3人と同じ虚偽記載の罪に問われているのは、小沢被告が「共謀共同正犯」の対象になるとされるためだ。

 共謀共同正犯とは刑事司法の考え方の一つで、実行行為にかかわっていなくても犯罪の計画を立てるなど重大な役割を果たしていれば、犯行全体の責任に問われることになる。オウム真理教による地下鉄サリン事件では、サリンの散布役らだけでなく、サリン製造者も殺人罪の共謀共同正犯が認められ、有罪となった。

 共謀共同正犯の適用に関しては、昭和33年に最高裁が、警察官への襲撃に参加しなかった被告も傷害致死罪に問えるかが争われた裁判で、「自己の目的を達成させる目的で他人の行為を利用した」場合に適用できるとの判断を示している。

 今回の裁判で検察官役の指定弁護士側は、「秘書が小沢被告に独断で事を運ぶことはなかった」と主張。小沢被告と秘書らの強い上下関係を示す間接事実を示し、共謀の成立を立証したい考えだ。http://news.livedoor.com/article/detail/6179978/

文章分類 : [ 一般 ]     
米国防総省の中国批判には根拠がない―中国外務省
10日、新華ネットの報道によると、中国外務省の劉為民報道官は9日の定例記者会見で、米国防総省が中国軍事戦略報告に対し批判したことに反論した。写真は10年9月、中国とオーストラリアの合同演習。
2012年1月10日、新華ネットの報道によると、中国外務省の劉為民(リウ・ウェイミン)報道官は9日の定例記者会見で「米国防総省がこのほど発表した新しい軍事戦略報告の中の中国を批判した部分にはまったく根拠がなく、人々の信頼を得ることはできない」と反論した。

【その他の写真】

劉報道官は「中国の戦略的意図は明確で、公開されており、透明だ。中国は断固として平和発展の道を歩み、独立自主の平和外交政策と防御的な国防政策を推進している」と強調した。

さらに次のように話した。我々の国防近代化は国の安全保障と発展の客観的要請に応えるためのもので、地域の平和と安定を守る積極的な要素であり、いかなる国に対しても脅威を構成していない。報告の中の中国批判にはまったく根拠がなく、人々の信頼を得ることはできない。中国はこの報告の内容について突っ込んだ検討を進めていく。

また「アジア太平洋地域の平和と安定と繁栄を保つことは、地域各国の共通の利益にかなっている。そのために米国が建設的な役割を果すことをわれわれは望んでいる」と表明した。

米国防総省はこのほど報告を発表し、中国の興隆は米国の経済と安全保障に影響を与える可能性があると指摘するとともに、中国やイランなどの国は今後も、米国の軍事力の投入能力と輸送能力を牽制する手段をとり続けるだろうとし、戦略的意図を明らかにするよう中国に求め、アジア太平洋地域への米軍の投入を強化していくと強調した。(編集/内山)

http://news.livedoor.com/article/detail/6179822/
文章分類 : [ 一般 ]     
【2012/1/10】

 

過幾天大家要投票來決定台灣的未來,我們在這裡向您呼籲, 希望大家還給蔡英文主席一個公道, 別讓抹黑決定台灣的未來。

過去這一個月來,吵得沸沸騰騰的宇昌案給我們科學工作者很深的感觸。生技本無色,但選舉政治卻正在踐踏生技幼苗。宇昌是個很好的生技成功模範,卻難逃政治抹黑。
台灣絕對有發展生技產業的潛力!可是,如果我們敢夢卻不敢做、想飛又飛不高、遇事又擔當不起,黑白不分,那發展生技產業就只是一場夢了。今天擺在眼前不可磨滅的事實是:宇昌生技新藥的發展,已成功完成了第二期臨床試驗。國發基金的投資,也就是人民的投資,已獲利大約10億元新台幣。我們很清楚蔡英文主席以奉獻的心情,竭盡所能為國家生技產業發展熱心效勞。
我們有幸觀察蔡英文的作為,深深的感覺到她正直、有能力、很冷靜、很理性,一直都是把國家和團隊利益放在第一位,是值得信賴的人。我們本著科學家的良知,向您鄭重背書蔡英文主席的人格、 經驗和操守。
讓我們共同爲台灣努力!
以下為科學界連署名單,陸續增加中:
李遠哲(前中央研究院院長)
楊育民(瑞士羅氏製藥廠全球技術營運總裁)
陳建仁(中研院院士、前衛生署署長、國科會主委)
陳定信(中研院院士、前台灣大學醫學院院長、美國國家科學院院士)
孔祥重(中研院院士、哈佛大學Bill Gates電機講座教授、美國國家工程學院院士)
李明亮(前衛生署署長)
許照惠(IVAX製藥創辦人、The Frost Group生技創投創辦人)
李文雄(中研院院士、美國國家科學院院士
莊明哲(中研院院士、哈佛大學Stanley Cobb 講座退休榮譽教授、美國國家醫學科學院院士)
廖述忠(中研院院士、芝加哥大學生物化學教授)
張傳炯(中研院院士、台灣大學醫學院教授)
李文華(中研院院士、加州大學爾灣校區Donald Bren講座教授)
廖運範(中研院院士、長庚大學醫學院教授)
陳垣崇(中研院院士、前中研院生醫所所長)
洪明奇(中研院院士、美國德州大學Ruth Legett Jones講座教授)
王惠鈞(中研院院士、前中研院副院長)
陳培哲(中研院院士、台灣大學醫學院教授)
胡勝正(中研院院士、前經建會主委)
陳良博(中研院院士、哈佛大學退休榮譽教授)
李遠鵬(中研院院士、交通大學應用化學教授)
潘玉華(中研院院士、美國加州大學爾灣校區教授)
李敦厚(哈佛大學病毒學教授)
林衡哲(林哲雄)(花蓮門諾醫院小兒科主任、台灣文庫創辦人)
賴其萬(和信治癌中心醫院醫學教學講座教授、前堪薩斯大學學醫學院教授)
游正博(中研院細生所特聘研究員、前細生所所長)
陳鈴津(中研院基因體中心特聘研究員)
鄭泰安(中研院生物醫學研究所特聘研究員)
湯竹林(美國加卅大學舊金山校區醫學院教授)
謝奇璋(成功大學醫學院臨床醫學研究所所長)
羅世皓(美國加州大學戴維斯校區生化及分子醫學教授)
林靜竹(芝加哥大學退休榮譽教授)
潘世賢(美國Bristol-Myers Squibb製藥公司生技製造研發主任)
李世雄(新加坡A-Bio Singapore Ltd.執行長)
許文玲(美國AT&T Labs Research資深技術經理、前美國卡內基梅隆大學教授)
范清亮(穩達生物科技董事長)
李世仁(浩理生技管理顧問公司董事總經理)
黃瑞蓮(上智創投董事、前台灣生技中心執行長)
許友恭(台灣浩鼎生技公司執行長)
陳隆紀(紐約大學醫學院教授)
謝中誠(美國麻州大學醫學院教授)
黃碩文(美國佛州大學醫學院退休榮譽教授)
朱真一(美國聖路易大學醫學院退休榮譽教授)
楊明倫(邁阿密大學醫學院榮譽教授、Joe DiMaggio 兒童醫院心臟電生理學主任)
溫碧謙(美國南佛州JFK醫學中心主冶醫師、前邁阿密大學醫學院教授)
蔡尚穎(臺北醫學大學精神科主任)
莊曜宇(台灣大學醫學院及電機系教授)
王秀雅(紐約州立大學Albany分校生物學教授)
陳紀雄(慈濟大學分子生物暨人類遺傳學系教授)
詹長權(台灣大學公共衛生學院教授)
王榮德(成功大學醫學院公共衛生研究所講座教授)
陳榮基(臺灣大學醫學院附屬醫院及恩主公醫院神經學教授)
黃崇立(陽明大學公共衛生研究所教授)
宋維村(若瑟醫院院長)
陳紀雄(慈濟大學分子生物暨人類遺傳學系教授兼所長)
邱鐵雄(慈濟大學教授)
周照芳(臺大醫學院護理學副教授)
林克明(美國加州大學洛山磯校區退休榮譽教授)
許景盛(美國Exxon-Mobile退休資深主管、前芝加哥大學教授)
梁信忠(前成大客座教授、前英國臺灣協會會長)
邱貞嘉(陽明大學醫學院副教授、前高雄榮民總醫院主治醫師)
王經國(哈佛大學醫學院副教授)
湯秀士(哈佛大學醫學院助理教授)
吳瑞宏(哈佛大學醫學院助理教授)
陳安安(哈佛大學醫學院助理教授)
王必達(喬治華盛頓大學醫學院助理教授)
莊瑞源(美國J. Craig Venter 研究所助理教授)
游維文(哈佛大學醫學院講師)
游維筃(哈佛大學醫學院講師)
林嘉賢(哈佛大學牙醫學院講師)
楊清勇(前歐洲國際大學國際關係學系系主任)
蘇騰宗(美國紐澤西關懷台灣基金會會長)
謝達斌(國立成功大學醫學院口腔醫學研究所教授兼所長)
邱英明博士(國家衛生研究院特聘研究員兼主任、俄亥俄州立大學醫學院榮譽教授)http://www.iing.tw/news_content.aspx?id=1201100003
文章分類 : [ 一般 ]     

(中央社記者郭羿婕台北10日電)涉留日台灣女學生命案的嫌疑人張志揚自刎身亡後,張父忍不住在鏡頭前痛哭失聲,網友紛紛表達不捨,連導演吳念真在臉書呼籲新聞媒體:「你們不能什麼都不要問嗎?」

台女命案震驚台、日,3條年輕的生命消逝,留下3個破碎的家庭。日本警方鎖定張志揚涉案後,在台灣的張父屢成媒體追逐焦點,他鎮定以對,但昨晚得知兒子身亡後,難忍激動情緒,悲痛落淚。

對於大批記者緊盯張父,網路上掀起反彈聲浪,吳念真今天凌晨也在自己的臉書上寫著:「犯罪的是一個已經30歲的大人,不是他的父親。面對一個剛失去兒子的父親,一個哭泣著的父親,你們不能什麼都不要問嗎?」

吳念真呼籲媒體:「求求你們,明天如果因為工作需要,能不能只拍他的背影?他知道的可能比你們還少,但他想瞭解的卻比你們多太多。至於他的痛,年輕的你們....可能一點都不懂。」

他凌晨發言後,至上午11時已有超過7萬7700人按「讚」、超過2500則留言迴響,被轉發分享也超過3萬6000次,包括導演戴立忍、作家駱以軍等人都表達支持。1010110

※自殺不能解決問題,勇敢求救並非弱者,生命一定可以找到出路。透過守門123步驟-1問2應3轉介,你我都可以成為自殺防治守門人。
※安心專線:0800-788-995(0800-請幫幫-救救我)/張老師專線:1980/生命線協談專線:1995
 

 ■ 歡迎到Yahoo!奇摩新聞粉絲團說說你的看法


(中央社檔案照片)

http://tw.news.yahoo.com/%E5%AA%92%E9%AB%94%E7%B7%8A%E8%BF%BD%E5%BC%B5%E7%88%B6-%E5%90%B3%E5%BF%B5%E7%9C%9F%E7%B1%B2%E6%94%BE%E9%81%8E-035309396.html
文章分類 : [ 一般 ]     

January 10, 2012


マニアでない方の場合は歩道橋を呼ぶ際にこんな言い方をすると思います
例:『表参道駅出たところの歩道橋で待っているよ』
  『あそこの歩道橋いちいち渡るのめんどくさくね』などなど。
これが現実なんでしょうねー

でも歩道橋にだって名前がちゃんとあるんです!!
今回は歩道橋の名前にフォーカスを当てます

ネーミングのパターンは概ね二つ
①地名(旧地名の場合も有)
②付近にあるもの(坂・橋・公的機関etc)

②
上の二つが①に該当(港南二丁目・東雲一丁目)
下の二つが②に該当(裁判所前・ごみ坂)

歩道橋がある所に学校があるケースってのは実に多い
(理由としては子供たちを車の危険から守るため)

そのため②のパターンでは「○×小学校前歩道橋」の例が非常に多く見られる
※中学・高校も含む

左上:一之江二小前 右上:豊洲後5中前
左下:三大小前 右下:根岸小学校前

③
左上:上野小学校前 右上:千駄ヶ谷小前
左下:一ツ橋高校前 右下:区立日本橋中学校前

④
冒頭の写真も学校が付く名前で「玉川小学校前歩道橋」

駅と同様、固有名詞があるんだから名前で呼んであげてください
そして歩道橋名がパターン①か②のどちらに当てはまるかチェックすることをおススメしたいです。




  • 歩道教

  • ぶらり東京~23区巡り~歩道橋探訪

  • 都内を“ぶらり”するのが趣味です。その一環で減りつつある歩道橋に関心を持ち色んなタイプがある事を発見し探訪するようになったわけです。


文章分類 : [ 一般 ]     

1月10日 14時38分 

小沢元代表の弁護士は、検察の捜査による政治活動などへの影響について質問しました。法廷での主なやり取りの概要は、次のとおりです。

[弁護士]収支報告書というのは、総務省に提出したあと、公開されるものですが、記載されたことがマスコミに取り上げられることもあるということですか?

[小沢元代表]あると思います。

[弁護士]どういうことが取り上げられますか?

[小沢元代表]それは人によって違うが、私の場合、何のことでもいろいろと批判の記事が出る。常に攻撃の的になっていたので、ほかの人なら批判されないことでも、私の場合常にマスコミの批判の的になっていました。

[弁護士]批判は政治活動に影響はありましたか?

[小沢元代表]あったと思うが、そのようないわれない批判を乗り越えてきました。有権者も真実をだんだんに理解してくれるようになったと思います。

[弁護士]本件土地がマスコミに取り上げられると困ると思いましたか?

[小沢元代表]特別困るとは思っていませんでした。

[弁護士]何か、不当なことをしているとは思っていましたか?

[小沢元代表]不動産購入はたくさん例があることです。

[弁護士]そうすると、釈然とはしないが、特別困ったことはなかったということですか?

[小沢元代表]私自身はいわれなき批判と何十年と戦ってきたので、それで臆することはありません。しかも何ら不正なことはしていません。

[弁護士]土地の購入をやめようとは思わなかったのですか?

[小沢元代表]理由なき批判にいろいろ屈していたのでは、天下国家の政策論についても、こうあるべきと、政治家として考えたことはどのような批判があっても貫かないといけないというのが私の生きざまで、それによって左右されることはありません。

[弁護士]不動産購入への批判の受け止め方ですが、小沢さんと秘書では違うということがありますか?

[小沢元代表]秘書の立場では、批判を緩和したい、マイナス面を避けようという配慮があるかもしれません。そういう点では、私とは若干違う状況にあろうかと思います。

[弁護士]当時の政治状況を前提にして、陸山会に4億円を貸し付けたことを報告書に載せたくない事情はあったんでしょうか?

[小沢元代表]いいえ、特別ありません。

[弁護士]4億円を隠す事情はあったんでしょうか?

[小沢元代表]私自身はありません。

[弁護士]収支報告書に載せる時期を1年ずらしたいという事情は?

[小沢元代表]私自身としては、そのようなことは感じていません。

[弁護士]平成16年と17年に明らかになることで、事情が違うことはありますか?

[小沢元代表]私自身は、そういうことは全くありませんでした。

[弁護士]小沢さんとしては、全く考えなかった?

[小沢元代表]はい。

[弁護士]西松建設事件当時の日本の政治状況はどうでしたか?

[小沢元代表]最初の意見陳述でも申し上げましたが、総選挙が間近で、政権交代が起こる可能性が大きいと言われていた状況だったと思います。

[弁護士]そうしたなかの捜査で、影響がありましたか?

[小沢元代表]私どもとしては、突然のことで、いわれなき追及でしたが、マスコミを中心に、2~3か月にわたって連日の報道でした。したがって、せっかく長年かけて頑張ってきた政権交代ができなくなってはいけないということで、私は5月の連休明けに代表を辞任しました。

[弁護士]陸山会事件の捜査が行われていた平成21年1月当時の政治状況は?

[小沢元代表]政権交代のあとで、鳩山内閣で党の幹事長をさせていただいていた。同時に鳩山さん自身の問題もあって、そのときには参議院選挙を間近に控えており、衆議院選挙で圧勝させていただいた勢いで、何としても参議院選挙も過半数を取らないといけない。私たちの問題でそれができなくなるのでは、何とも残念。ここは2人とも身を引こうと、辞めたと思います。

[弁護士]その結果、参議院選挙はどうなりましたか?

[小沢元代表]私たちが身を引くことで、菅さんに代わり、支持率が急回復したが、菅さんがどういうことか、消費税やTPPの話をみんなに諮ることなく持ち出した結果、参議院選挙は惨敗しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120110/t10015160491000.html

文章分類 : [ 一般 ]     
1月10日 14時38分 

小沢元代表の弁護士は、政治資金収支報告書への記載などについて質問しました。法廷での主なやり取りの概要は次のとおりです。

[弁護士]収支報告書は3月末に提出するものですが、それを出す前に、小沢さんが見て確認することはありますか?

[小沢元代表]今まで一度もありません。

[弁護士]どうしてですか?

[小沢元代表]基本的には担当者に任せておりまして、彼らがきちんとした報告書を作っていると思っていたからです。もう一つは、最終的には国民に付託されるという意味で重要ですが、収入と支出というものを1年間トータルで報告するだけでいいものでありまして、法廷で専門家の方がおっしゃっていたように、単純なものです。私としては、秘書がそのような事務的なものは完璧にやっていると思っているので、今まで収支報告書を見たことはありません。

[弁護士]収支報告書とは別に、収支を報告させていましたか?

[小沢元代表]原則として、年末にだいたいのトータルのことを報告すると、経理担当者との間でなっていたと思いますが、現実には資料といいますか、数字、資料を持って説明されたということは、石川(議員)の場合もありません。単純な計算でありますので、政治団体がうまくいっているかどうかというたぐいの会話は交わしていると思いますが、その程度のことで毎年終わっていると思います。

[弁護士]石川議員が数字をまとめた資料を作っていましたか?

[小沢元代表]そこまでちゃんとやっていたか、聞いてないから分かりませんでした。本人の証言で、計算していたと聞いたように思いますが。彼らがトータルの計算書を作っていたことは知りませんでした。

[弁護士]本人とは誰ですか?

[小沢元代表]石川(議員)です。

[弁護士]収支報告書を直接見ていないにしても、内容や特別重要なことについて報告させていたのですか?

[小沢元代表]ありません。特別重要なことはありません。収入や支出を1年間まとめて報告するだけですので。

[弁護士]きょうまで一度も説明を受けていないということですか?

[小沢元代表]ありません。

[弁護士]年末に個人的経費を精算するということはありましたか?

[小沢元代表]ありました。

[弁護士]具体的にどのようなものですか?

[小沢元代表]毎日のように会合があったり、出張したりというのがあるので、それは政治団体で公に出してもよいと思うものと、これは個人で出そうというものがあるので、それを政治団体で立て替えていた場合には、年末に個人としての分を政治団体に返還する作業をしていました。

[弁護士]金額はどのくらいですか?

[小沢元代表]1000万前後だったでしょうか。

[弁護士]小沢さんが、石川議員や大久保元秘書、池田元秘書に対して、平成16年分の収支報告書に用立てた4億円を載せないようにと指示をしましたか?

[小沢元代表]ありません。

[弁護士]逆に、石川議員、大久保元秘書、池田元秘書から記載しないでおいたと報告はありましたか?

[小沢元代表]それもありません。

[弁護士]平成16年分の収支報告書に載せないと指示しましたか?

[小沢元代表]ありません。

[弁護士]石川議員、大久保元秘書、池田元秘書から、平成16年の収支報告書には載せず17年にずらしたと報告はありましたか?

[小沢元代表]ありません。

[弁護士]指示や報告はないという証言ですが、それは絶対にないという意味なのか、あったかもしれないが覚えていないという趣旨ですか?

[小沢元代表]ないと思います。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120110/t10015158842000.html

文章分類 : [ 一般 ]     
1月10日 11時46分 

政治資金を巡る事件で強制的に起訴された、民主党の小沢元代表本人への被告人質問が、午前10時前から東京地方裁判所で始まりました。濃紺のスーツにネクタイをした小沢元代表は、法廷に入ると裁判官に一礼し、弁護士の横に座りました。まず、小沢元代表の弁護士が秘書との関係について質問しました。法廷での主なやり取りの概要は次のとおりです。

[弁護士]小沢さんにとって、秘書はどのような存在か?どういうことを期待している?

[小沢元代表]政治活動は1人ではできない。手助けをするスタッフが必要です。政治家と秘書との関係は、他の違った世界、例えば官公庁とか民間企業などのように、規律されている関係ではなくて、全く人間の信頼関係で成り立っている。秘書は政治活動の手足となると同時に、機会によっては秘密を知ることになるので、お互い信頼関係のなかで仕事する間柄です。

[弁護士]秘書は政治団体の仕事もするか?

[小沢元代表]はい。

[弁護士]平成16年~19年ごろ、大久保元秘書を陸山会の会計責任者に選任したのは小沢さんか?

[小沢元代表]年月日までは分かりませんが、そうです。

[弁護士]大久保元秘書は会計に携わっておらず、収支報告書の作成にも関与していなかったのは事実か?

[小沢元代表]そのとおりだと思います。

[弁護士]そのような人を会計責任者にしたことに問題はないのか?

[小沢元代表]責任者にしても問題はない。それは私の事務所だけではない。俗に世間で経理担当とか金庫番と呼ばれる人は多くいるが、私の事務所では、そういう人は40数年経っているが、一人もいません。それは主として金銭の出入り、収入と支出を記載して、1年のまとめを報告するだけの単純な事務作業です。私の事務所では、その時々によって部署替えをしますが、順繰りに経理担当になってもらっていた。法改正で議員本人が代表になり、会計責任者はその次に位するものなので、大体年長者をあてていたので、大久保(元秘書)だったと思います。

[弁護士]秘書の方にはどの程度任せていたのですか?

[小沢元代表]私の仕事のことを言えば、それ以外ということになります。私は専ら政治のことに集中して活動をしていましたから、それ以外の経理の問題であれ、陳情の世話をしたり、連絡をしたりという仕事があるわけですが、地元での私に代わっての政治活動、あとは立場上、自分の選挙というよりも、全国の仲間の応援に行って、少しでも手助けするのと、私の政治の大きな仕事以外はすべて任せておりました。

[弁護士]政治団体のことも任せていたのですか?

[小沢元代表]はい、そうです。

[弁護士]事務的なことでも、重要なことは報告させていたのではないですか?

[小沢元代表]私は、任せたことについては、一切、彼らの自主的判断で仕事をしてもらうようにしています。任せた仕事をいちいち検証し、干渉していたのでは回りませんし、私の関心は、口はばったいですが、天下国家の話でありまして、それに全力を集中する日常を送っているつもりであります。